あなたのデータの用途、共有方法

あなたの苦情に含まれる情報はコンシューマ・センチネル(米連邦取引委員会(FTC)(消費者保護をその使命の一部とする政府機関)によって運営されている消費者の苦情データベース)に入れられます。個人連絡先情報を含むあなたのデータは、多くの国で認定された政府の法執行機関・規制機関において利用されます。これらの機関は、新しい詐欺の手口の調査・発見、規制や法執行の実施、消費者問題の傾向の把握のために、この情報を使用する場合があります。

オンライン上の苦情フォームによっても提出される情報は、傾向と統計(公表可能性有)を分析するために集計される場合があります。これらの集計された情報は、あなた個人を特定する情報を含みません。もし、苦情をeconsumer.govに報告した人が18才未満であることがわかれば、苦情フォームによって集められた個人情報は消去・削除されます[集計されません]。プライバシーポリシーFTCのプライバシーポリシーを御参照ください。

苦情を提出した後について

苦情を提出した後、レファレンス番号を入力した上でコンタクトしていただければ、苦情を更新、修正することができます。

あなたの苦情には数多くの政府機関がアクセスすることができますが、実際にアクセスするかどうかは分かりません。あなたに代わって、政府機関があなたの苦情を取り扱うことを必ずしも期待すべきではありません。多くの政府機関は、大多数の方を保護するために訴訟をするのであって、個々の消費者に代わって介入することはほとんどありません。他の機関が、それぞれの苦情を調査する義務を負っています。お読みください。詳しくは、あなたの問題を解決する助けとなる「あなたがとりうるその他の方法」をお読みください。

情報を報告

  • どれだけの個人情報を提供するかは、あなたにお任せします。連絡先を提供していただければ、あなたの苦情について追加情報を求める場合に有用となります。
  • あなたが情報を提供すればするほど、あなたの苦情は役に立つものとなります。